クロスホール クロスホール

札の辻クロスホールとは

江戸時代、お上(為政者)は町民に情報を伝える手段として高札を用いました。街道や宿場町など往来の多い場所が情報発信拠点として選ばれ、そこは「札の辻」と呼ばれました。その町一番の繁華街でもあり、情報発信拠点となりました。
静岡市札の辻は、現在でも静岡市繁華街の中心拠点です。
呉服町通りと七間町通りの交差点に面する地区に、ランドマークとして「札の辻クロス」が完成し、6階に音楽を中心とした多目的ホール「札の辻クロスホール」が誕生しました。
札の辻クロスホールは、2層吹き抜けシューボックス構造、天井が高く、響きを重視した最大217席のホールです。市民の皆様の音楽公演や音楽鑑賞の場として、また展示やパーティーなど、様々な催事にご活用いただくことができます。
札の辻クロスホールは、 (振)静岡呉服町名店街の協力のもとに静岡呉服町第二地区市街地再開発組合が建設し、札の辻ビルマネジメント株式会社が運営しています。
「まち」に開かれたホールとして、「まち」とともに発展していきたいと願っています。
人々が集まる拠点として、文化情報発信の拠点として、まちづくりに貢献してまいります。

お問い合せ Contact

お問い合わせは下記よりお願いいたします。

(開館時間9:00〜22:00)